健康サプリ 噂の真相

健康ブームの避難小屋 小屋番日誌

サプリメント, 食材, 食品, 成分...効果の真相<37>

http://macscolabo.sakura.ne.jp/product/item01/index.html

サプリメント, 食材, 健康食品, 成分等の効果

昨年の今頃まで  '健康食品・サプリ業界' で
飛ぶ鳥を落とす勢いだったのは
S社 'DHAEPA' (以下, DHA)でした。
年間300億円規模と噂される
DHAサプリ売上(市場)を作った
と言われてます...(*_*)
不肖小屋番がこの 'ギョーカイ' に
足を踏み入れたのは...
'S社が開拓したDHAサプリ市場
に乗っかれば成功する' と云う
'おいしい話し' (?) がキッカケです (+o+)
イマドキは...'糖質制限' をキー・ワード
にwebマーケティングすると...あっ!
という間にアクセスが稼げたりします。
結局のトコロ...
◆ マス・メディア...特にテレビ
    PR (情報/健康番組) 
検索連動型広告
    と新聞広告 (+コールセンター)
    への膨大な露出量の広告
つまり...マスメディアが
イチバン  '効く' んでは ? と...
マーケターでもある不肖小屋番は
考えてしまいます(T_T)/~~

S社さん...相変わらず 'DHAEPA'
マーケティング続行中ですが
'オメガ3脂肪酸と云うコトバで
 'DHA' '引っ掛ける'
webマーケティング(検索連動型広告)
も大々的に展開中です...|д゚)

↓↓↓↓↓↓↓

f:id:macscolabo5:20170612150627j:plain

我々 '消費者' は消費者センターの様な
実験室, 測定機器など持っていません。
つまり, 効能・効果を科学的に検証する
コトは逆立ちしてもできません。
ふわふわしたイメージの対局にある
効能・効果を含む機能的価値
1. 自分で実感
2. 健康診断, 血液検査確認
3. メーカー等のPR / 広告鵜呑み
  or PR / 広告影響 (無意識)
する訳ですが...DHAの場合
1.と 2. 実際にはムリです。
現実は 3.の結果...'S社のサプリは効く'
と云う印象(イメージ)根拠
機能的価値評価をします。
そしてその評価に基づき
購入したり   ヒトに勧めたりします。
つまりマーケティングは, 消費者に持って
欲しい印象を作る...社会心理学で言う
'世論作る’ 技術と云う側面もあります。

S社さん広告はマーケティングで言う

位置づけ変更 リ・ポジショニング

で強化する戦略する見本です。

'オメガ3脂肪酸と云う新製品

が出来た !? と思わせる '印象' を作る。

'DHA' に 'オメガ3脂肪酸' を付加...

リ・ポジショニングする離れ業を

≫ パッケーッジ   ≫ 製品自体

一切変えるコトなく

広告の '謳い文句' ヘッド・ライン
追加するだけで行おうとしてる訳です。

f:id:macscolabo5:20170612211936p:plain

出典:リ・ポジショニング - Google 検索

 

'効果'と云う '印象' 作る

サプリ, 食材, 健食, 成分
効果は, S社さんの見本の様に
膨大な予算の広告/PR動員...
消費者アタマココロ
抱かれたい 印象メージを
作った結果 でもあります|д゚)
'DHA認知症予防によい' 不肖小屋番は
このポジショニングを聞いた瞬間...
'認知症によいって...どーやって
消費者は解るんだろーか?' 疑問が
湧きました。効果を実感しないと
消費者はリピート (再購入) しません。
つまり...やがて売れなくなります。
これ, S社さんDHAに起きた模様です。

S社さんをはじめ
サプリ・健食メーカー / 販売者さん
の多くは正に
'効果' と云う 印象(イメージ)
作るプロ...マーケター
でもあります |д゚) ... S社さんが
'脂質異常症によいオメガ3脂肪酸'
リ・ポジショニング
しようとするのは
N社EPAドリンク 大成功により
S社DHAの売上 (シェア) が減った
からでは?... と分析しています。

DHAオメガ3脂肪酸

S社DHA...不肖小屋番にとって
この業界の出発点となったサプリです。
栄養医学研究所 COPY NATUREでは
EPA635+EPA (以下EPA635) が
S社DHAに相対する '競合'
になります...もともと 'タラの肝油'
と云うポジショニングでした。
正にリ・ポジショニングする際,
S社DHAオメガ3系不飽和脂肪酸
を相当お勉強させていただきました (+o+)
(真相1~20はそのご報告のつもりです)。
その結果...
'DHA認知症予防によい'と云う
ポジショニングに危うさ感じました。
以下が真相1.~20. のお勉強の超要約
であり...危うさを感じた理由です :
1) 先ず消費者効果 '実感'
  するのはほぼ不可能。
2) DHAサプリとヒトの認知症予防
 あるいは改善を証明する直接的
 臨床的データ希薄
3) オメガ(ω)3系不飽和脂肪酸の前駆体 
 αリノレイン酸代謝過程から...DHA
 サプリで摂取した場合...前駆体 EPA, DPA
 に体内で ’戻る’ のは臨床的不可能。

↓↓↓

不飽和脂肪酸代謝順序 <ヒトの体内>

f:id:macscolabo5:20170613123807p:plain

4) となると...'オメガ3脂肪酸' の代表として
  EPA
効果を主張するには, S社DHA
   
 の場合, EPAの量が十分とは言えず
   
ムリなんでは?と思ってしまいます。

↓↓↓

オメガ(ω)3系不飽和高級脂肪酸サプリ比較 <1日に可能な摂取量・値段>

f:id:macscolabo5:20170613130040p:plain

サプリ  '効果' と云う '印象' 作った行く末は...

オメガ(ω)3系不飽和脂肪酸
もともと1972年以来頻繁に
実施された 'イヌイット健康調査'
'発見' されました <真相1, 2, 4>。
イヌイットは脂質 (動物性=アザラシ)
総エネルギー39%
(デンマーク人 :  42% 欧米人とほぼ同じ)
賄っていました。
にも拘わらず、'欧米化' した人類が
遍く悩む :
血栓原因となる疾患
脂質異常疾患
持つヒト実質いない!|д゚)
この秘密は...アザラシのみ
豊富に含まれる
DPA <ドコサペンタエン酸>

EPA <エイコサペンタエン酸>
にあると解り...以来,
欧米ではEPA/DPAの研究開発が
飛躍しました。

photo taken by Ansgar Walk (c)Ansgar Walk

f:id:macscolabo5:20170613202007j:plain

DHA研究で最も有名で影響力が
あると言われる...名古屋市立大学教授
奥山博士によるネズミの実験でも,
純粋DHA投与でなく前駆体
αリノレイン酸 (シソ油) を使う
等々...純粋なDHA神経細胞
認知症効果を及ぼした結果を検証

科学的実験はほとんど無いのです。
一方, EPA/DPA研究は 2013年
医薬品 (OTC)として 'エパデール'
(持田製薬製造 / 大正製薬販売)と云う
高純度EPA製剤結実しました。
中性脂肪低下させる医学/臨床的
効能・効果実証されました。

f:id:macscolabo5:20170614105147j:plain

出典 : エパデール - Google 検索

COPY NATURE EPA635
この欧米におけるEPA/DPA研究・開発
から直接フィード・バックを受けた
米国COPY NATURE (開発) です。
開発当初より...DPAおよびEPA
原料である北海産天然タラから
どうやって抽出するかに焦点を当てて
来たのです...その結果
EPA10倍はあると言われる
遊走促進効果* を持つDPA
サプリとして最大量抽出に成功
天然ゼラチン質カプセル内に
純粋なDPAEPA脂肪酸
閉じ込めました。
*: 日常的に傷つく血管壁を修復して血液が
  円滑に巡れる状態を作るコト。

この結果 :
DPA=1粒あたり16.8mg X 3粒・1日分
   =50.4mg EPA換算10倍=①504mg
EPA=1粒あたり43.8mg X 3粒・1日分
   =②131.4.4mg
◆ ①+② EPA合計量635mg
1日の摂取量(3粒)で, DPA+EPA=635mg
栄養医学推奨摂取量600mg /1
が摂れます(^^)/ DPA唯一豊富に含むため
ω3系不飽和脂肪酸摂取コスト/1mg
最安値価格帯になります。
EPA/1mg¥0.24 最安値
ω3系不飽和脂肪酸/1mg¥0.21 2位

一方でDHA研究は1989年

イギリス脳栄養科学研究所

マイケル・クロフォード教授らが

発表した研究論文以来, 本格化...

EPA/DPA研究遅れるコト17年。

'DHA認知症予防に良いらしい'
モトはクロフォード教授の...
日本人のIQ値が高い理由は
魚 (DHA) を欧米人の
数倍摂食しているから...と云う仮説
マス・メディアPR...
そこにS社さんの巧みで
惜しみない投資に支えられた
膨大広告で, DHAと云う
ポジショ二ング...文字通り

'居場所'を獲得しました...
オメガ(ω)3系不飽和脂肪酸
検証された医薬品として効能・効果
'承認' された機能的価値は, 
DHA由来でなくEPA/DPA由来でした。
消費者が実感=納得できない '価値' は
やがて再購入に繋がらなくなり...
売れないで...市場から姿を消します。
こー見て来ると...どーやら...
'市場動かすチカラ' 
あざといプロのマーケターの手
にある訳ではないよーです(+o+)
リアルな...貴方のクチコミ'増幅'
するブログ,SNS等々...webメディア
(Consumer Generated Media)
を手にした現代では...結局...
'市場を動かすチカラ'
持ち主とは...
≫サプリなら効果=製品 (サプリ) の価値
 を体感したヒト(生活者)
≫あるいは...その 価値(ブランド価値)を
 自分コトバ表現・伝えよう
 と思った生活者(消費者)
になるんでは...と思います。
その意味で現代 / 日本では...
市場メカニズムを手にしているのは...
実は '市場' そのものである貴方...
生活者(消費者)...と言えるんでは(-.-)

f:id:macscolabo5:20170614143500j:plain

出典 : cgm - Google 検索


Amazon CAPTCHA